赤ちゃんの虫歯予防はいつからするの?

赤ちゃんの歯を虫歯にしたくないですね。
生後6ヶ月頃の「虫歯知らずの子育て」についてお話します。

いつから歯磨きすれば虫歯予防になるのでしょうか?
この答えは、2本でも歯が生え出したら歯ブラシを使います。
しかしその前に、もっと大切な事があります。

虫歯菌の感染予防です。
歯が生えていない時は、虫歯菌は住みつけません。
生後6ヶ月頃、下の前歯2本が生えてきます。
虫歯菌は歯が生えると、唾液を介して大人から感染します。
しかし、一度や二度のスプーンの共有やキスで感染する訳ではありません。
ですから、できるだけ気をつけましょう。
あまり神経質にならないでください。
赤ちゃんはスキンシップで、愛情いっぱいに育てたいですよね。

また、ぜひ知って頂きたいことがあります。
それは、お母さんのお口の状態がお子さんの虫歯に影響してしまうことです。
虫歯になってしまうお子さんのお母さんは、歯のクリーニングを受けていない方が多いです。
お母さんの虫歯菌が元気だと、うつしてしまう虫歯菌も元気です。
つまり、お子さんの歯を虫歯から守るのが大変になります。
治療した歯が多いお母さんが歯のクリーニングを定期的に受けている場合は、お子さんに影響しません。
ですから、お母さんのお口をきれいにして親子で虫歯予防をしましょう。

日本は、歯に対する教育が先進国の中で一番遅れています。
歯が虫歯になるのは当たり前と考えていませんか?
また、虫歯になったら治療すればいいと考えている人がいらっしゃいます。
しかし、正しい虫歯予防を知ればお子様を虫歯から守れますよ。

歯は虫歯になりますと、もとに戻せません。
歯の治療は「修復」と言い、病気になった所を補っているだけです。
だから、歯は虫歯になる前の「予防」が、いちばん大切です。
お子様の虫歯予防に、お母さんの歯のクリーニングからスタートしませんか?

関連記事

  1. 赤ちゃんの歯磨きは必要ですか?

  2. 赤ちゃんの虫歯予防はどうしたらいいの?

  3. 赤ちゃんの歯ブラシ、どれがいい?

  4. 赤ちゃんの歯も虫歯になりますか?

  5. 赤ちゃんの歯磨きどうやるの?

  6. 奥歯が生えてきました、うまく磨けたかな?