赤ちゃんの歯も虫歯になりますか?

赤ちゃんの歯を虫歯にしたくないですね。
生後6ヶ月頃の「虫歯知らずの子育て」についてお話します。

歯の生えていない赤ちゃんには虫歯菌がいません。
歯が生えると、スプーンや、キスで唾液を介して感染します。
世話をする大人の虫歯菌を赤ちゃんにうつしてしまうのです。
そして、1歳半から2歳半に虫歯菌が定着してしまいます。
この頃は奥歯が生えだします。
生える途中の歯には、虫歯菌の隠れる所が沢山あります。
虫歯菌が住みつきやすい環境ですから、この時期に定着してしまうのです。

虫歯菌は、炭水化物などの糖質を栄養にして仲間を増やします。
歯をこすると取れる、ねばねばしたものは菌の集合体で、プラ―クといいます。
虫歯菌はプラークの中で増えて、酸を作り放出します。
その酸が歯を溶かしてしまうのです。
この溶けた様子を「脱灰(だっかい)」と呼びます。

でも、唾液がその歯の溶けた所を治してくれます。
それを「再石灰化(さいせっかいか)」といい、唾液は歯を守っています。
この「脱灰(だっかい)」と「再石灰化」のバランスがくずれると虫歯ができます。
つまり、唾液が歯の修復を十分できないと虫歯になるのです。

だらだら食事やジュースのダラダラ飲みなどは危険です。
虫歯菌から酸が放出し続け、歯の修復が間に合いません。
スポーツ飲料やジュースを哺乳瓶で、寝かせ飲みしていたら虫歯になります。
生えたばかりの歯は柔らかく、虫歯菌の酸にとても弱いからです。
また、飲食と飲食の間は3~4時間空ける必要があります。
十分に唾液が歯を「再石灰化」する時間が大切なのです。

赤ちゃんの虫歯予防は大人からの感染予防と、唾液の力をうまく使うことが大切です。
正しい虫歯予防を知り、赤ちゃんの頃からスタートしましょうね。

関連記事

  1. 赤ちゃんの虫歯予防はいつからするの?

  2. 赤ちゃんの歯磨きどうやるの?

  3. 赤ちゃんの虫歯予防はどうしたらいいの?

  4. 赤ちゃんの歯ブラシ、どれがいい?

  5. 奥歯が生えてきました、うまく磨けたかな?

  6. 赤ちゃんの歯磨きは必要ですか?