乳歯の白いところは虫歯ですか?

大事なお子さんの歯を虫歯にしたくないですね。
2歳6ヶ月頃の「虫歯知らずの子育て」についてお話します。

お子さんの生えたばかりの歯はまだ成熟していません。
乳歯の表面にあるエナメル質は、薄くてとても弱い未熟な組織です。
歯は、唾液中のミネラルを取り込みながら丈夫になってゆきます。
しかし、歯磨きをせず、表面が汚れているとミネラルが取り込めません。
つまり、歯が固くなれないのです。

さらに、ダラダラ食べダラダラ飲みをしていると、虫歯菌が元気になります。
虫歯菌の出す酸で、歯の表面が溶けてしまいます。
すると、歯は白濁して見えます。
これは虫歯の初期の状態です。
そのまま放置しておくと歯に穴が開きます。

でも、まだ間に合いますよ。
歯医者さんに通い、虫歯の進行を遅らせるアドバイスを聞きましょう。
さらに、歯質強化のコーティングをしてもらいましょうね。
歯医者さんに定期的に通い、虫歯の進行を遅らせる事が大切です。

家では、ダラダラ食べやダラダラ飲みをやめましょう。
哺乳瓶をくわえさせたまま寝かすなどしていませんか?

また、早急に歯を削る治療はお薦めしません。
なぜなら、虫歯の治療をすればするほど、虫歯菌はさらに増えてゆきます。
そして小さい子の治療は唾液が多いので、詰め物がうまくいきません。

一番残念なのが、歯科医院を怖がることです。
歯医者さん嫌い!
お口をみせない!
歯みがき大嫌い!
このように、悪循環になってしまうことです。

そうならないために、虫歯になる前の予防が大切です。

関連記事

  1. こどもの歯みがきいつからするの?

  2. 乳歯の歯と歯のすきま、どうしてですか?

  3. 乳歯の白い斑点は虫歯ですか?