乳歯の白い斑点は虫歯ですか?

2歳6ヶ月頃の「虫歯知らずの子育て」についてお話します。

歯の白い斑点は、エナメル質形成不全のことがあります。
これは、歯が作られる過程で何らからの影響を受けて起こります。
濃い白色の斑点や、黄色みの歯になってしまうのです。

エナメル質形成不全の所は、歯質が弱く柔らかいです。
すなわち、虫歯になりやすいです。
まず、歯医者さんに診断してもらいましょうね。

エナメル質形成不全なら、必ず定期的に歯医者さんに通いましょう。
歯質強化をし、虫歯から守る必要があります。

また、このような虫歯になりやすい所がある場合、おやつに気を付けます。
ダラダラとおやつを食べるのは良くありません。
また、長くお口に停滞しやすいアメ、グミ、チョコレートは注意です。
歯を修復してくれる唾液の力が使えません。

代わりに、キシリトールのタブレットがお薦めです。
虫歯菌の栄養にならないキシリトールをおやつに取り入れてみましょう。

お子さんの歯の健康を守るには、お母さんだけではたいへんです。
歯みがきのプロである歯科衛生士さんは強い味方です。
お子さんのお口の状態を一緒に把握しましょう。

また、歯科衛生士さんに子育て相談もしてください。
子育て経験のない歯科衛生士さんでも大丈夫。
毎日、多くのお母さんのお悩みと向き合い、お悩み解決のために努力しています。
そして、彼女たちもお子さんの健康と成長を楽しみにしています。
お子さんの歯や子育てに悩んだら、歯科衛生士さんに相談しましょうね。

関連記事

  1. こどもの歯みがきいつからするの?

  2. 乳歯の白いところは虫歯ですか?

  3. 乳歯の歯と歯のすきま、どうしてですか?