乳歯の歯と歯のすきま、どうしてですか?

3歳頃に乳歯が生え揃うと、次に生える永久歯の歯並びが気になりますね。
永久歯1本の幅は乳歯の1.2倍あります。
つまり、乳歯の歯と歯の間に隙間がある方がきれいな歯並びになります。
さらに、歯並びを良くするために、あごの発達を促す必要があります。
それは「よくかむ」習慣をつける事です。
かむことが骨の細胞を活性化し、あごの成長を促します。

赤ちゃんを良く見てください。
おっぱいを「かみながら」飲んでいます。
一生懸命かまないとおっぱいは出ませんよね。
この頃からあごを成長させているのです。
離乳食のもぐもぐ期になると、さらにかみます。
食べ物をしっかりとかみつぶしてから、飲み込んでいますよね。
このように、あごの成長は生まれてからずっと、続いています。

普通の食事になりますと、調理によってかむ回数が変わります。
かむ回数が多く、あごの成長が促進する食事は和食です。
カレー、シチュー、パスタなどの西洋料理より和食がお薦めですよ。
野菜、根菜、お米は良くかみますから。
野菜のお浸し、根菜の煮物、味噌汁とご飯の食事を見直してみましょう。
大人もかむ回数が増えて、食べ過ぎを予防しますからいいですね。

小さい頃からかむ回数を増やす食事を心がけましょうね。

関連記事

  1. こどもの歯みがきいつからするの?

  2. 乳歯の白い斑点は虫歯ですか?

  3. 乳歯の白いところは虫歯ですか?