永久歯の歯みがきどうすればいいですか?

大事なお子さんの歯を虫歯にしたくないですね。
6歳頃の「虫歯知らずの子育て」についてお話します。

これから乳歯から永久歯への生えかわりが続きます。
この時期に気を付けたいことがあります。
それは、2回目の虫歯菌が住みつきやすい時期になる事です。
なぜなら生える途中歯ぐきが覆っているので、虫歯菌にとって居心地がいいのです。
仕上げ磨きで、この歯ぐきにかくれている所を磨きましょう。
お子さんは自分でうまく磨けませんので手助けが必要です。
虫歯になりやすいところをお母さんがしてあげて、お子さんができる前歯はお子さんに任せましょう。

一本ブラシという毛束の小さな歯ブラシを使うと効果的に磨けます。
生える途中の奥歯は手前の歯より背が低いため、歯ブラシが届きません。
口角から歯ブラシを入れ、お口を閉じ加減にして磨きます。

乳歯より永久歯は、歯の溝が深く複雑です。
シーラントと言われる溝を埋めて、むし歯から守る処置もあります。
これは永久的な処置ではないので、欠けたり剥がれたりします。
定期的に歯医者さんでチェックしてもらいましょう。

乳歯と永久歯の生えかわりは、虫歯菌が増えないよう気を付けましょう。
お子さんの虫歯予防に、正しい知識を持つ事。
そして、3ヶ月ごとの歯医者さんでのメンテナンスをお薦めします。

関連記事

  1. 乳歯は歯医者さんでクリーニングした方がいいですか?

  2. 永久歯も仕上げ磨きが必要ですか?

  3. 乳歯でもフロスは使った方がいいですか?

  4. 乳歯の歯並びは永久歯にも影響しますか?